遠隔支援ソリューション導入事例【土木・建築②】

遠隔支援ソリューション導入事例
土木・建築②

業界・使い方

業界・担当部門

建設業・建築部(ビル建替プロジェクト)

使い方

建設業への残業規制適用開始(20244月より、罰則付き)に対応するための業務効率向上

導入の背景

2024年4月から建設業へも残業規制(罰則付き)が適用されるため、いかにして残業を抑制できるか、
その対策について検討していました。その中で、業務用ウェアラブルカメラを
活用した業務効率化(遠隔支援)を行うことを決定いたしました。

活用方法

現場作業者がウェアラブルカメラを装着し、監督者が現場事務所から遠隔支援を実施しました。

ザクティを選んだ理由

  • 既存資産(iPhoneとTeams)の組み合わせで使用可
  • 監督者が視認しやすく、ストレスが無い(ブレ補正機能が優秀)
  • 現場と事務所をリアルタイムで繋いで活用可能

遠隔支援導入による改善効果

監督者が適時、遠隔支援をすることにより、業務効率がUPしました。

残業時間をひと月当たり10時間/人削減できました。その結果、残業代も年間で360,000円/人削減できました。

ザクティからのひとこと

残業規制(罰則付き)は、建設業ついては2024年4月からの適用となりますが、その他の業界(一部を除く)では、既に適用が始まっています。業界を問わず、弊社の業務用ウェアラブルカメラを活用した遠隔支援ソリューションを導入して、業務の効率化を図り残業時間の削減に繋げた企業様は多数いらっしゃいます。同様に残業規制(残業時間の削減)対応についてお困りの企業様は、一度、弊社遠隔支援ソリューションの導入について、ご検討いただけますと幸いです。

また、残業だけでなく、出張の削減にも効果的なソリューションとなります。

導入機器

※その他、既存資産のスマートフォン(iPhone)とTeamsを使用

導入企業詳細

業種

建設業

従業員数

100人以上

部署名

建設業・建築部(ビル建替プロジェクト)

使い方

建設業への残業規制適用開始(20244月より、罰則付き)に対応するための業務効率向上


ソリューションに関する詳細ご説明・デモのご依頼、お見積りご依頼についてはこちらからお問い合わせ下さい。
業界ごとの導入事例集も豊富にご用意しております。

遠隔支援ソリューション導入事例
土木・建築②

業界・使い方

業界・担当部門

建設業・建築部(ビル建替プロジェクト)

使い方

建設業への残業規制適用開始(20244月より、罰則付き)に対応するための業務効率向上

導入背景

2024年4月から建設業へも残業規制(罰則付き)が適用されるため、いかにして残業を抑制できるか、その対策について検討していました。
その中で、業務用ウェアラブルカメラを活用した業務効率化(遠隔支援)を行うことを決定いたしました。

活用方法

現場作業者がウェアラブルカメラを装着し、監督者が現場事務所から遠隔支援を実施しました。 

ザクティを選んだ理由

  • 既存資産(iPhoneとTeams)の組み合わせで使用可
  • 監督者が視認しやすく、ストレスが無い(ブレ補正機能が優秀)
  • 現場と事務所をリアルタイムで繋いで活用可能

遠隔支援導入による改善効果

監督者が適時、遠隔支援をすることにより、業務効率がUPしました。

残業時間をひと月当たり10時間/人削減できました。その結果、残業代も年間で360,000円/人削減できました。

ザクティからのひとこと

残業規制(罰則付き)は、建設業ついては2024年4月からの適用となりますが、その他の業界(一部を除く)では、既に適用が始まっています。業界を問わず、弊社の業務用ウェアラブルカメラを活用した遠隔支援ソリューションを導入して、業務の効率化を図り残業時間の削減に繋げた企業様は多数いらっしゃいます。同様に残業規制(残業時間の削減)対応についてお困りの企業様は、一度、弊社遠隔支援ソリューションの導入について、ご検討いただけますと幸いです。

また、残業だけでなく、出張の削減にも効果的なソリューションとなります。

導入機器一覧

※その他、既存資産のスマートフォン(iPhone)とTeamsを使用

導入企業詳細

業種

建設業

従業員数

100人以上

部署名

建築部(ビル建替プロジェクト)

使い方

建設業への残業規制適用開始(20244月より、罰則付き)に対応するための業務効率向上


ソリューションに関する詳細ご説明・デモのご依頼、お見積りご依頼についてはこちらからお問い合わせ下さい。
業界ごとの導入事例集も豊富にご用意しております。