ご質問のあるソリューション、または、商品をお選びください

遠隔支援ソリューション(CX-WEシリーズ)

遠隔支援ソリューション(CX-WEシリーズ)に関するよくあるご質問です。
※導入後のよくあるご質問はこちらをご確認ください。

このページのTOPに戻る

エクススタビライザとは何ですか?

カメラの広角撮影映像と状態(姿勢)をザクティ独自のアルゴリズムで分析演算処理し、複雑で大きな映像揺れを適応的に高精度に検出・補正し、安定した歪みのない映像を電子的に実現する高精度映像揺れ補正技術です。

カメラの重量を教えてください

CX-WE100/110:約95g(ケーブル抜き)です。
CX-WE300/310:約125g(ケーブル抜き)です。

電源ボタンはどこですか?/電池交換は可能ですか?/充電できますか? 稼働可能時間はどれ位ですか?

カメラ本体には電源ボタン/電池はなく、USB給電です。
電池容量はUSB接続先(スマートフォンなど)に依存しています。例えば、5000mAhのスマホが満充電の状態で約3時間の稼働が可能です。

映像の記録はできますか?/SDカード記録は可能ですか?

カメラ本体は記録メディアを内蔵しておらず、接続先であるスマートフォンやPC側で映像を記録します。

スマートフォン用アプリ(XactiViewer、XactiViewerPro)は有償ですか?

アプリはいずれも無償でダウンロードいただけます。

スマホ/PCと接続は可能ですか?

カメラ本体のUSBケーブルをPC/スマートフォンに接続することにより映像を確認することが可能です。
スマートフォンは機種により映像が出ない場合がありますので、使用可能なスマートフォンの種類についてはお問い合わせフォームよりご相談ください。

出力ケーブル(USBケーブル)は何メートルですか?延長は可能ですか?

カメラの出力ケーブルは約1.5mです。ケーブル延長に関することはお問合せフォームよりご相談ください。

カメラ側の各種設定を変更することはできますか?

XactiViewer/XactiViewerPro(スマホアプリ)にて変更することが可能です。
こちらのページよりダウンロードいただけます。

Wi-FiかBluetoothでの接続は可能ですか?

本機はUSB接続専用のため、Wi-Fi/Bluetoothでスマートフォンとの接続はできません。


IoTソリューション(CX-MTシリーズ)

IoTソリューション(CX-MTシリーズ)に関するよくあるご質問です。

このページのTOPに戻る

電源は必要ですか?

USBケーブルより供給されますので、電源コンセントは不要です。

画像モードはいくつありますか?

上下パノラマモードと超広角モードがございます。

上下パノラマモードの画角を教えてください

H:180° × V:50°× 2段です。

広角モードの画角を教えてください

H:180°×V:82°です。

マイクは必要ですか?

高感度全指向性モノラルマイクを搭載しておりますので、マイクの追加購入は不要です。

スピーカーは必要ですか?

はい、必要です。カメラ本体にはスピーカーはついておりませんので、PCのスピーカーをご利用いただくか接続された機器のデバイスにスピーカーを接続してください。

画像モードはどうやって設定しますか?

カメラ本体の置き方を自動で検知して画像モードを切り替えます。

縦置きできますか?/置台は付いていますか?/三脚に取り付けることは可能ですか?

はい、専用置き台を付属していますので、縦置きも可能です。また、カメラ本体にはカメラ用三脚ねじ(JIS87103相当)も付いておりますので、カメラ用三脚ねじ座にカメラを取付けいただければ市販の置き台、三脚もご利用可能です。

本体録画はできますか?

申し訳ございませんが、カメラ本体には記録メディアを内蔵しておらず、本体での録画には対応しておりませんが、例えばPCに接続しているのであれば、Web会議アプリケーションにて録画いただくことは可能です。

手振れ機能は付いていますか?

申し訳ありませんが、会議での利用を想定しておりますため、手振れ機能はついておりません。

スマホ/タブレットに接続可能ですか?

USB変換ケーブルを用いて接続が可能です。

カメラの重量を教えてください

約120gです。

USBケーブルは延長できますか?

1.5mのUSBケーブルが付属していますが、5m以下であれば、市販のUSBケーブルもご利用になれます。5mを超える場合は、USBアクティブリピーターケーブル(セルフパワー)が必要となります。ただし、すべてのUSBケーブル、および、USBアクティブリピーターケーブル(セルフパワー)での動作を保証するものではありません。
※接続機器から給電するバスパワーのケーブルでは、カメラを動作させる電力が足りません。

このページのTOPに戻る